【ハピタス攻略】クレジットカード広告で失敗しないために

本日は、クレジットカードまわりの知識や仕組みについて、書いていきます。
クレジットカードの広告を利用する際には知っていて欲しい知識です。

スポンサーリンク

総量規制について

これは、2010年6月18日に施工された貸金業法の中の一つで、多重債務者の増加を防ぐのが目的です。
クレジットカード会社のような貸金業者は、この貸金業法を守らなければなりません。

あまり聞きなれない単語だと思いますが、
平たく言うと、その中身は、
借金の総額が年収の1/3を超えていると、新たな借り入れができなくなる規制です。

そこで、この「借金」がポイントになるのですが、
クレジットカードのキャッシング枠もこの「借金」に該当します。

キャッシングをしていなくても、その枠があるだけでです。

つまり、あなたがクレジットカードでキャッシングをしていなくても、持っているカードのキャッシング枠が年収の1/3に迫っていれば、クレジットカード会社は総量規制があるために、あなたに対して新たなキャッシング枠のついたクレジットカードの発行ができなくなる
ということです。

そのため、ハピタス経由で新規にクレジットカードを発行する際には、
キャッシング枠の設定は可能な限り「設定しない」
を選択することをおススメします。

そうすることで、「総量規制」がネックとなって、クレジットカードの審査に落ちるリスクは軽減されると思います。

CICや事故情報(ブラックリスト)について

次に、個人の信用情報を保管している機関についてです。

代表的な機関は、以下の3社です。
・株式会社日本信用情報機構(JICC)
・株式会社シー・アイ・シー(CIC)
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)

これらの機関が保有している主な情報は、

6か月以内のクレジットカードの申込情報
5年以内の、クレジットカードの契約情報、利用情報(入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等)

となります。

ここから読み取るべき、注意すべき点は、
あるカード会社から断られた事実は6か月は消えない
ということです。

また、延滞情報に至っては、5年は消えないということです。

そのため、
例えば、JCBで断られたから、すぐにVISAに申し込んだとしても、
VISAの審査担当は、あなたがJCBから断られた事実
当然、カード発行の審査過程で把握できてしまうということです。

これは、カード発行には不利に働く可能性が高いです

逆に、断られなければ、その事実も当然6か月は記録されるので有利に働くかもしれません。

とはいえ、私はカード会社の審査担当者ではないので、
想像の範囲をでませんが、
少なくとも以下には注意すべきと考えます。

・一度断られたら半年は新規の申し込みを我慢しよう!
・さらに、延滞の経験がある場合は、5年我慢が必要かもしれない

なお、自分自身の信用情報は、
それぞれの情報機関に問い合わせることで、
開示してもらうことができます

ちなみに、開示に際して手数料が1,000円ほど必要になります。

もし、クレジットカードの発行で悩んでいる方がいれば、
一度自身の信用情報を開示してもらうのが良いかもしれません。

自分が置かれた状況の把握にはなると思います。
その上で対策を練りましょう!!

クレヒスの重要性について

上のトピックですでに書いてしまいましたが、
クレジットカードの利用情報(入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等)は5年分が記録されています。

これを、クレヒス(クレジットカードヒストリー:カードの利用歴)と呼びます。

新規のクレジットカード発行申込の際には、あまり参考にされないかもしれませんが、
立て続けにクレジットカードを申し込むなら、多少は参考にされるでしょう。

少額でもよいので毎月利用し、遅延なく支払いをすませることが基本ですが、とても重要です。

なお、少し話題がそれますが、
特に、今後、上位のクレジットカード(プラチナやブラック)を持ちたいと考えるなら、
クレヒスは重要になります。

ハピタスのクレジットカード広告はお得か否か

これは、ズバリお得だといえます!!
コスパはかなり高い部類の広告です!!!

根拠:
・獲得条件が「発行」だけのものが多数
・年会費が無料なものも多く、それだけ狙えばノーリスク
・ポイント獲得可否の判断が速い(クレジット会社の審査に通るか落ちるか)
・獲得条件に「+ショッピング5,000円利用」もあるが、1回5,000円の決済は日常生活の範囲内
・VISA、JCB、Mastercardなどブランドが重複しても、発行元(例えば、JCBの楽天カードとJCBのセブンカード)が異なれば、それぞれポイントの獲得が可能

一般的に、みなさん1枚はクレジットカードを既に持っていて、公共料金や携帯電話の支払いなど、日常生活の中で特にためらなく使用していると思います。
その時点で、クレヒスは積み上がり、クレジットカード会社の信頼を得ている、つまり、審査は通りやすくなっていると考えるからです。

なお、過去、残高不足などで支払い遅延の事故がある方は、この限りでなく、ある一定期間経過してから申し込む必要があります。

(おまけ)チントイはクレカ好き?

実は、私はクレジットカードに対して、特にいい色のに対して、憧れを抱いてました。

もともと学生時代が貧乏だったこともあって、
お金に対する執着は人一倍強いと思います。

それゆえ、クレジットカードに対しても、
社会的信用も兼ね備えた、
プラチナ系カードが欲しい
って
思ってた時がありました。

例えば、みなさんも経験あるかと思いますが、
海外旅行で良いレストランに入ったり、ブランドショップに入った時の、
あの、一歩店に入った瞬間、店員から値踏みされる感覚。。
めちゃめちゃ、居心地悪いですよねーー

特に、海外でアジア人に対してはなおさら顕著な感じがします。。。

それが、クレジットカード1枚でどうにかなるわけ無いんですが、、、
会計の時に、ブラックとまではいかなくても、
最低限プラチナカードを出すことで、
私は社会的にも信用がある人間ですよ
って言えてるような気がしてたんです。

それがどーしたって?!

おっしゃる通り!!

そんなの気にしたってしょうがないし、
どーにもならん。

だって、会計するのは、お店でる直前なんだから笑笑
その後、何度も通うなら少し影響あるかもしれないけど笑

結局は、クレヒス積むより、自分磨けって話です。
はい。完全に若気の至りでした。

でもね、高い年会費だけあって、
プラチナカードにはプラチナカードなりの良さもあります。
平民には入れないところに入れたりね!
平民が並ばなきゃなところ、
並ばずに、しかもラウンジで一服してから案内してくれたりね!!

で、そんなこんなで、
7年ほど前にJCBブランドの最高ランクカード、
JCB THE CLASSをどうしても取得したくて、
クレジットカードまわりのことを調べまくったことで得られた知識が、
ハピタス攻略にも役に立ちそうなので、今回記事にしてみました。

え、チントイは、7年前に20代にしてJCB THE CLASSホルダーになれたのかって?
むふふふふ

それは、またの機会に記事にしたいと思います。
もし、要望があれば笑

コメントください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。


 
その他ハピタス利用手順の記事
【ハピタス攻略手順】初心者がDMM FXでお小遣いを稼ぐ 前編
【ハピタス攻略手順】初心者がDMM FXでお小遣いを稼ぐ 後編
【ハピタス攻略手順】初心者が外為ジャパンFXでお小遣いを稼ぐ 前編
【ハピタス攻略手順】初心者が外為ジャパンFXでお小遣いを稼ぐ 後編
【ハピタス攻略手順】初心者がタカシマヤ≪セゾン≫カードでお小遣いを稼ぐ
【ハピタス攻略手順】初心者が外為ジャパンFXでお小遣いを稼ぐ 後編
【ハピタス攻略手順】初心者が楽天カードでお小遣いを稼ぐ
【ハピタス攻略手順】初心者が三越Mカードでお小遣いを稼ぐ

番外編
【ハピタス攻略手順】ポイントを現金に交換する
【ハピタス問合せ手順 前編】外為ジャパンFXで失敗!からの~
【ハピタス攻略手順】9月に利用した広告一覧
【ハピタス攻略手順】10月に利用した広告一覧
【ハピタス問合せ手順 後編】SBI FX tradeで失敗!か~ら~の~

さぁ、早速軍資金を調達したいと思った方は以下のバーナーから登録してください!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

↓ポチッ!お願いします!!

にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ

この記事があなたのお役に立てたなら、SNSで共有いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

“【ハピタス攻略】クレジットカード広告で失敗しないために” への13件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です